読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【人生はノリと勇気】同じ日々を繰り返し消化している大学生に向けたブログ〜刺激的でわくわくする毎日を送りたいあなたへ〜

まず ご縁ありこのページにたどり着きご覧頂いたあなたにありがとうございます。 と伝えたいです。 なぜなら 僕が思う、 数少ない平等の中の1つに「時間」があると思っているからです。 なので自宅でパソコンから私のサイトを見ていただいたり 通学中の電車でスマホでご覧頂いている大切なあなたの時間 に対して少しでもこのサイトが何かきっかけになったり、気づきになったりしたらとても嬉しいです。

【まるで映画のよう】夢を追い続けた野球少年の話

どうも、佐藤です。

 

今日は感動した話があったのでシェアします。

 

この話は、どこにでもいる

野球を愛する少年ピートくんの実話です。

 

彼は諦めなければ夢は叶う。

たくさんの人に勇気と感動を与えることができる

ということを教えてくれます。

f:id:yuskeblog:20161130202043j:plain

-------------------------------------------------------- 

 

 

ここはヤンキースタジアム 

6歳になるピートはお父さんと野球の観戦です。  

9回裏、ヤンキースの攻撃。 

 

ヤンキースは1対0で負けていますが、 

ワンアウト、ランナー一塁。 

一発出れば逆転のチャンスです。 

ピート君は興奮して言います。 

 

『ねぇ、パパ見てて!!

次の打者がきっとホームランを打つよ!!』 

 

そしてその結果は 

見事ホームラン!! 

さよならアーチです!! 

 

ピート君は夢見心地で、 

 

『ねぇパパ、

僕もメジャーリーガーになれるかな?  

ヤンキースタジアム

バッターボックスに立てるかな?』 

 

うつむきながらピート君は言います。 

 

お父さんはにっこり微笑んで、 

 

『あぁ、なれるさ。最後まで諦めなければな。』 

  

それからピート君の猛練習が始まりました。 

 

 

始めは仲間に入れてもらえませんでしたが、 

一人もくもくと練習を続けました。 

 

そして、ある日試合に出してもらえたピート君は、 

八面六臂の大活躍!! 

草野球チームで引っ張りだこになりました。 

 

中学を卒業したピート君は、 

プロを目指し、野球学校に入校します。 

ピートは誰よりも真面目に練習しました。 

 

誰よりも早く練習場に行き、 

誰よりも遅く練習場を出ました。 

守備も打撃も誰よりもうまいピート。 

 

しかし 

どこのDリーグもピートと契約してくれません。 

 

アメリカはメジャーリーグを頂点とし、 

AAAAAABCDリーグと

ピラミッド型を構成しています。 

 

でもピートは腐らず黙々と練習します。 

その姿に感動した学校の先生は、 

Dリーグの監督を集め、ピートを見てもらいます。 

 

そして、結果は……!!! 

 

どこの監督も契約してくれませんでした。  

卒業したピートは

アマチュア選手として活躍しました。 

 

しかし、彼は夢を諦めきれず、 

24歳の時、ニューヨークに行き

入団テストを受けにいきました。 

しかし取り合ってくれません。 

 

十ドル紙幣を取り出し 

 

【此れはぼくの全財産ですが、あなたに預けます。 

僕に入団テストを受けさせて下さい。

もし、ぼくがチームの役に 

立てそうになかったら、返さなくて結構です】 

 

といいいました。 

 

オーナーは自信と必死な態度に負けて、 

テストだけは受けさせることにしました。 

 

その時ピートは 

見事合格することが出来たのです!! 

 

1942年晴れて

マイナーリーグのプロになることなりました。 

 

その年、ピートの打率は3割8分1厘で

【打率トップ】でした。 

Aリーグに昇格し、

1944年には3割3分3厘の打率と、 

 

ホームラン5本、

ホームスチール10回を含む68盗塁という 

輝かしい成績をあげ、

【MVP】を獲得しました。 

 

 

 

そして、その翌年 

メジャーリーグ

ブラウンズと契約できたのです!! 

f:id:yuskeblog:20161130205614j:plain

 

 

 

打席に立つピート。 

夢にまで見たメジャーリーグの打席です。 

 

第一打席。 

ピートは力いっぱいバットを振ります!!! 

三振!! 

 

第二打席。 

ピートは渾身の力でバットを振りますが 

またしても三振です。 

 

第三打席。  

ピートは狙い済ましてバットを振りますが 

残念ながらバットとボールは離れ離れ。 

三球三振です。 

 

しかし、

観客はピートが三振して打席を去っても、 

席から立って拍手を止めませんでした。 

f:id:yuskeblog:20161130205754j:plain

 ずっと続くかと思われるくらい、 

拍手を止めませんでした。 

三球三振なのにです。 

 

なぜでしょうか? 

 

それは 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yuskeblog:20161130202203j:plain

そう、彼には右腕がなかったのです。 

片腕のメジャーリーガー、ピート・グレイ。 

 

彼は6歳のとき、 

列車から転落するという事故で

利き腕の右腕を失います。 

 

絶望しかけるピート。 

 

それを力強く励ます父親 

 

ピートは夢を諦めませんでした。 

 

メジャーリーガーになる

という夢を諦めませんでした。 

 

そして、彼はとうとうその片腕で

夢をつかんだのです。 

最後にピートの言葉を書きます。 

 

私の子供の頃の夢は、 

  

ヤンキースタジアム 

 

野球をすることでした。 

 

そして、それを叶えられたことが、 

 

自分の人生にとって、 

 

もっとも素晴らしい出来事だったと思います。 

 

自分のような、体に障害をもつ者にとって、 

 

練習こそが全てでした。 

 

でもたとえ練習しても 

 

自分にやってくるチャンスは 

 

わずかなものでした。 

 

ある時こう言われたことがあります。 

 

「両方の腕があっても、野球をするのが難しいのに、 

 片腕で野球なんかできるわけがないだろう」 

 

それでも諦めず、 

自分は常に夢に向かって 

練習したのです。 

 

A winner never quits.

『勝利者は常に諦めない』 

ピートグレイ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ピートグレイ選手のように

諦めなければ必ず報われる

とは言いませんが

 

うまくいっている人は

全員人並み以上に努力して

他の人よりその努力を続けている

と僕は思います。

 

頑張ることは誰だってできます。

ようは頑張り続けられるかどうか

ってことだと思いますね。

 

 最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

PS

 

公式LINEアカウントを作りましたので、

もしよろしければ、LINEでも

つながっていただけましたら嬉しく思います!

 

気軽に追加してやり取りできれば嬉しいです!

スマホからはコチラをクリック後

追加ボタンを押すだけで大丈夫です。

https://line.me/R/ti/p/%40sab6481z

 

 

今パソコンで開いている場合はスマホ

LINEを開いて「@sab6481z

ID検索していただけましたら大丈夫です。

(@を忘れずに入力してください。)

 

LINEにいただいたメッセージは

全部僕が手動で返信してます!

 

LINE登録のお礼に、

僕がビジネス始めて91日間で

バイトを全てやめて憧れていた

 

「小さな幸せと少しの余裕」

を手に入れることができた方法の全貌

を公開している僕の師匠による

「極秘ウェブセミナー」を

自動返信で即お届けしています!